読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわゆブログ

心豊かにすることを、メモしていきます。

ご馳走になる時に、気をつけるべきこと。

エッセイ

ご馳走になった際は、 しっかりと感謝の意を伝える、伝わる努力をしています。

せっかくお金と時間を割いてくださった相手に「オゴり甲斐のないヤツだったな。」なんて思わせたくないからです。

なぜこんな話をするのかと言うと、とある会食で私がご馳走した後、いつにも無く『ご馳走した感』が残ったからです。普段、家着く頃には「あー楽しかったー。」しか残りません。

回りくどい表現をせず言えば『オゴり甲斐のない相手』という印象を、どこかで抱いてしまったのです。器の小さい話ではありますが。

その一方で「何故、こんな感覚になったのだろう。」そして「自分がオゴられる立場になった時、どうすれば、こうならずに済んだだろう。」ということを、改めて考えさせられたのです。

結果はこうです。

◎食事の後、LINE(メール)する。

当たり前の話ですが、一方で、こんな意見もあるみたいです。

「へえーそういう意見もあるのか。」と思いながら読みましたが、お食事をご馳走してくれるのは、20代よりも上の方が多いでしょうし、送って損は無い気がします。

◯で、次に送る内容です。

「今日は、ご馳走様でした。ありがとうございました。」だと気持ちが、こもっていないというか、伝わらないというか。

長々と書く必要はなく、端的で良いので、その時出た料理や、会話の『感想』を述べるのです。

例えば「今日はご馳走さまでした。金目鯛の煮付け、本当に美味しかったです!ありがとうございました。」とか「今日はご馳走さまでした。(話であった)とりあえずやってみる、を意識します!ありがとうございました。」とか。

大事なのは、その場で起きた具体的な内容を入れることです。「ご馳走さまでした。」だけなら、その時寝ていても、耳栓していても言えます。

人って、具体的であればある程、自分だけに関係がある情報であればある程、伝わりますからね。

また、その時出てきた話なら何でも良い訳ではなく、ご馳走した側にとって『誘ったメリット』を感じられる内容にすべきです。

分かりにくいので具体例を出すと、「今日はご馳走さまでした。たくさん愚痴を聞いてもらってスッキリしました!ありがとうございました。」だと、金銭的にも精神的にもトクをしているのは自分だけです。

相手の悩みを解消した、という意味では誘った甲斐があるのかもしれませんが、感想というのは、私情を主観で述べることではありません。それならば、日記に書けば済むことです。

「テメエの話に、テメエがどう思ってるか」なんて、どうでも良いのです。

そうではなく、相手の事情に対して、客観の立場である私が、主観をもって「どう思ったか。」を述べることだと考えています。

誰しも「俺・私の話に、お前がどう思っているか。」が気になるのです。

その点、「◯◯が美味しかったです。」という内容は、招待した側の考え(計画)に、された側がどう思ったかを伝える、シンプルな感想と言えます。自分が、あれこれ思案してセッティングした店が、どうだったのか気にならない人はいません。

何より、美味しい料理は、双方にとってのポジティブな共有体験です。 

あと私は、最初からご馳走されるのが予想される相手であれば、

◎お土産を持参します。

会計の時に、割り勘分を渡そうとしたところで、受け取ってくれないことが多いからです。百貨店でも、近所のパティスリーでも良いので相手が喜んでくれそうなものを選んで持って行く。

もはや思いやりの話ではなく、単なるプライドの問題なのかもしれないですが、いくらオゴってもらうとはいえ、一方的に負担をかけるのはよろしくない。

ですが、人によっては本当に必要ない(持ち帰るの面倒)、なんて事もありますから、そこは気を付ける必要があります。

人並みな意見ですが、やはり、相手が喜んでくれそうな事を想像し、行動に移す、に尽きます。

こういう事を意識するようになったのも、人生最大のビンボー期に突入した背景があります。

現在も、ものすごい勢いで生活費の切り詰めを余儀なくされています。

余裕のある頃は毎朝、コンビニでパンとコーヒー、そして500mlのミネラルウォーターを買って出勤してました。金額にすると大体、350円くらい。ミンティアが切れると、それも必要になります。

ですが今は、それすら裕福な状況です。良い社会人が100円200円を気にしながら、朝食をスーパーで買ってきた6枚切りの食パン1,2枚、インスタントのコーヒー1杯で済ましています。水は2lで70円(最近ミズが安すぎる...。)のものを買い、毎朝500mlのペットボトルに移して、会社に向かってます。

朝食だけで見ても、食パン1ケースで100円、1枚にすると15円ほど、インスタントコーヒーも1杯10円ほどですから、合計にして25円...。2枚食べても40円。1日にして約300円、節約できています。1ヶ月にすると9,000円にもなりますから、バカになりません。

世の中的には、この程度でビンボーとは言えないのかもしれないのですが、私の場合ビンボーに耐性がなかったので...ビンボー比べは勘弁ください。

そんな状況に陥ったからこそ、食事に連れて行ってもらった際は、とにかく感謝しかありません。

寒い日(冬)は、とにかくウツ。でも、理由がはっきりしてるから、あまり気にならない。

メンタル 生活

季節の変わり目は、自律神経が乱れやすいから、ウツ症状になりやすい。なんて言われるけど、私からすれば、季節の変わり目どうこうではなく、気温15度を下回ると、どうしてもウツっぽい。

とにかく気力が湧いてこない。体がダルい。頭の回転も、いつも以上に悪い。

冬場はずっと、そんな感じですね。本当に苦手。

でもこれ、単に、メンタルだけの問題じゃないんですよね。

寒いと当然、着込みます。着込むと、体が締め付けられます。締め付けられると、体は縮こまって猫背になります。猫背になると、お腹を圧迫して、呼吸が浅くなります。

すると脳に回ってくる酸素の量が少なくなるから、頭の回転が悪くなる。

また、着込むことで、物理的に肩や首への負担が増えます。周辺の動きが鈍るので、コリを生みやすくなります。大事な神経や血管が通っている場所ですから、これらの巡りが悪くなると、体全体の循環も鈍るということです。

あーこの、寒いんだか、暖かくなるんだかの瀬戸際みたいな季節、早く過ぎ去ってほしい。

Tシャツだと、肩周りを動かしやすくなるから、コリが軽減されて、頭もスッキリするんですよねえ。

もう、今の季節は、無理に元気出さないようにしてます。

振り絞って、シャカリキな1日を過ごすと、その日は頑張れたとしても、その後の反動がすごいんですよね。もはや、布団の上から一歩も動けないくらい、力が抜けてしまう。

一方で、世の中には、湧き水のようにエネルギーが溢れ出す人がいますよね。

身の回りで言えば、仕事中ずーっと喋っていて(てか集中しろよ...)、何処そこ構わず、会話に加わろうとする人がいます。

同じ人間として、「この人の分子構造は、どうなってんだろう」と不思議に思うことがあります。

皮肉っている訳ではなく、純粋に、理解が及ばない。

恐らく、これらのクラスタの方々は、私を見て「シャキっとしろよ。」と思うかもしれないですが、私は皆さんを「暑苦しいやつだ」なんて、揶揄しません。

どうか「こんな人間もいるんだ。」くらいに、放っておいてほしいところです。(※特に何かされた訳ではありません。)

理解はできないけど、尊重はする。以上。なんだか、コレが締めの言葉みたいになってしまいました。

が、体裁を整える気もなく、たった800文字程度とは言え、文章書いていると、益々ダルくなってきたので、潔く休むとします。

仕方ないんです、そういう体質ですからねえ。

Instagramの意外な魅力に気付いた件

メンタル 生活

先日新たに追加された、複数投稿機能。

それらの画像は、画面上を縦にではなく、横にスワイプして見れるようになっています。ですからタイムラインを、ある人物が占拠する、なんて事がなくなりました。

早く、その機能を試してみたくてイタリアンのお店で撮った、お洒落な写真たちを「これと、あれと。」なんて言いながら選りすぐってたのですが。

「ボタンがない...。いつまで経っても出ない...。」調べたところ、どうやら、私だけに起きたトラブルではなかったみたいです。チラホラと対処法がネットに上がっていました。

・ログアウトする

・バックグランドから削除する

・アンインストールしてから、再度インストールしてみる

などなど、書かれているものは、ほぼ全て試してみました。が、ダメ。何故だろうか...。

アップデートも最近さかんに行われているみたいですが、一向に現れる気配がありません。気長に、このトラブルが解消されるのを待つべきなのか、否か。とりあえず「色々やろう。」と思って、単発投稿をしまくってます。(そのうち、現れるかな、なんて無意味な抵抗。

私の場合、毎日アップロードできる程のコンテンツがありません。そのため、過去をさかのぼって、使えそうなものを探しまくる訳です。

すると、なんだか...

「インスタグラムすげーよ!!」

って、今更感も甚だしいですが、改めて思ったんですよ。

「あ、俺ってこんな楽しいことしてんだなあ。」「あ、こんな美味しい料理食べに行ってたんだなあ。」なんて、 明るい情報がいくつも蘇ってくるのです。

これは「できないことよりも、できることに。」とか「ミスよりも上手くいった時のことをイメージする。」みたいなものに、近い感覚がありますよね。

ちなみに、このアプリケーション、すんごくビジュアルにシビアなんですよね。笑

よく分からん風景画像とか、「ドット絵かよ。」とかツッコミたくなるような荒い画像だと、いいねが減る。親しい友人同士の、単なる娯楽のくせして、評価はかなり厳格。

なので、アップロードする側も、明るさや暖かみを調整するなど、できる限りビジュアルを整えてから投稿します。

そもそも、加工以前に、載せるにふさわしい画像を探すところから始まります。

膨大なデータから、とっておきの画像を選りすぐっている中で、自然と「良いもの」に視点が行くようになります。

『最近ネガティブなことに目が行きがち。』という方は是非、Instagramに画像を投稿する、なんてことをやってみてはいかがでしょうか。

ちょっぴり、心が明るくなると思います。

新聞も読めない私が何故、『テキスト』に魅了されるのだろうか。

エッセイ

別段、読書が得意なタイプではない。

最初の何ページか読んだら、違うことをやりたくなって内容が頭に入ってこなくなる。

それでも私は「テキスト」が好きである。

優しいからだ。

見たい時に見れる。理解できるまで、待ってくれる。

読者を残して1人、先に行くような真似は、決してしないのだ。

電話と比較すると分かりやすい。

都合は全て、かける側の論理で成り立っている。要件もフタを開けるまで分からない。何だか、空港に放置されたキャリーケースのようだ。

プライベートなら、まだしも。仕事ともなれば、もはや暴力である。今、自分が何をしていようが関係ない。有無を言わさず、相手のペースに引きづり込まれてしまう。

前もって計画して、作業を移行するのとは、脳のエネルギー消費が、まるで異なる。

消費というより、急激なタスク変更は、脳を傷つける。

例えるなら、激しいハンドル操作を行ったゴムタイヤと同じだ。

仮に、会話の長さが1分であったとしても、単純に1分だけを費やしたことには、ならない。激しい脳の消耗によって、1時間、2時間後の生産性にまで影響するのだ。

かといって、事前に「いついつ、これこれの件で、電話するね。」と、約束さえすれば済む話かと言えば、そうでもない。

確かにそれだけで、受け取る側の負担は、かなり減る。

がしかし、電話が優しくないと感じる、もう一つの理由がある。

それは、瞬発力がものを言う点だ。

極めて個人的な事情になるが、私は頭の回転がよくない。

加えて『コミュニケーションする』ことを得意としない。それをしているだけで、もはやアクセル全開状態なのだ。

結果、行為そのものに必死で、相手の言っている内容に集中できず、聞き逃したりすることが多々ある。

言うまでもなく『声』は、一度流すと、跡形もなく消えてしまう。一発勝負だ。先程のような状況に陥ってしまった場合には、『ワンモア』を要求せねばならないのだ。

これは相手にとっても、尋ねる側に取っても、ストレスである。

少し話はズレるが、私はお腹の底から声を出すと、すぐさま疲れてしまう。

普段は、なるべく消耗しないよう、最小限の音量で、人と会話をする。

フルマラソンは4時間を切る体力がある。筋力もそれなりに蓄えている。

物理的なスタミナと、それは、うまく比例しないようだ。不思議なものである。

話を戻そう。

一方の『テキスト』は、ワンモアが常に用意されている。

理解できなければ、もう一度読めば良い。「あれ言ったっけ?これ言わなかったけ?」そんなことをいちいち記憶する必要もない。それそのものが、列記としたメモになる。

いつだって、おバカに寛容なのである。そして私も、その態度を見習って、優しい言葉を紡いでいきたいと思っている。

失敗の原因を振り返る

仕事 メンタル

今日はズタボロにミスが続きましたので、良い感じにメンタルをやられてます。

勿論、仕事の話です。

具体的な内容は控えます。ザックリ言えば、相手と自分との認識にズレがあったのです。

向こうからすれば「ん?こういうつもりだったんだけど。」的な。

実際は、どちらとも取れる内容だったんですが、結果が全てです。

違うのだから、違う。

ところで今回の誤解は、ちょっとした努力で未然に防ぐことができた気がします。

振り返ってみると、自己都合が過ぎたのです。

「ふんふん、なるほどね。さっ始めるか。」

これが、私の思考回路でした。

一見すると理解が早いようですが、ビジネスマンとしての基本がなっていません。

それは『疑う』ことです。

一言「いや待てよ。」と声を掛ければ、良かったのです。自分に。

そうすることで別な可能性を想定することができた。

たとえ、正解でなかったとしても確実に『不安』が生じます。

「え?どっちなんだろ...。」

特に私は心配性なタイプなので、不安は解消されるまで、人に聞きまくります。結果論として、聞いていれば起きる問題ではなかった。

いや、ひょっとすると不安はあったのかもしれません。内心で「ま、いっか。」という気持ちがあったから、不安(危機管理)にフタをしてしまった。

つまり『慢心』が諸悪の根源なのですね。

俺がこう思ったんだから、こうなんだ。うん、正しい、正しい。

ミスパターンは、いつもココにあります。

「調子に乗るな。」と毎日言い聞かせているつもりなんですが、放っておくとスグに縄が解ける。ま、根性論だけで済む問題ではないのですが、一旦ここでは控えます。

とにかく『ま、いっか。』根絶です。そのためには日々の検証が欠かせません。

本日は自戒の意味を込めて、いつにも増してジムで追い込んできました。

筋トレは良いですね。負荷のレベルを数値化することができますし。

 

時間がある日にGoodと思った朝食

料理 生活

 

f:id:iwayublog:20170125110806j:plain

「写真AC」

ズバリ『焼き芋』

特に朝は、米ではなくパン...の中でも更に、菓子パン派という人にはオススメです。私がまさに、そうです。

なぜなら

腹持ちが良い!

味は勿論、程よい満腹感がありました。

私、比較的食べる方でして、本当なら一回の朝食でパン2個食べたいくらいなんです。が実際に、食べたら食べたで、不快な満腹感なんですよね...。胃の中で空気だけが膨らんだ感じ。

けども、やはり1個だと足りない。腹6.5分目って感じ。朝食作る元気も無いから日々、その狭間を行き来してる気がします。

ああ、パン一個と、あと少しほしい!

そんな欲望を、焼き芋1本が満たしてくれました。

調べによると焼き芋1本のカロリーは450kcal程度。菓子パン1〜1.5個分くらいですかね。まあ、低くはないです。

ですが、食後2時間経過した現在の状態は、お昼無くてもツラくはない、のレベルです。予想は15時頃に小腹が空く程度です。なので朝昼のトータルで考えるとカロリーはダウンすると思います。繰り返しますが、程よい満腹感をキープしてます。(菓子パンってカロリー高い割に、お腹空くの超早くないですかね?)

また少なくとも、栄養のかけらもない菓子パンよりは、食物繊維が豊富な焼き芋の方が、ベターである事は直感的にも分かります。(菓子パンって栄養面のメリットあるのかな...w)

ちなみに、家で作ろうとすると大体30分くらいは要する模様です。近くに、出来たての焼き芋売ってれば良いですが、そんな人は多く無いと思います。そもそも買いに行くのが面倒。残念ながら忙しい平日の朝食にチョイスするのは難しいかもしれません。

ですから、ゆっくりと時間の取れる休日に、焼き芋はアリかと思いました。時間はかかりますが、レンジに突っ込んでおけば出来上がるので、その間はゆっくり読書、みたいな感じで。

作り方を詳しく説明してるページがありますので、そちら貼っておきます。

kumiko-jp.com

上記リンクの概要は以下です。めちゃ簡単。

1:洗ったサツマイモを、キッチンペーパー2枚で包む。 キッチンペーパーごと、水でヒタヒタに濡らす。

2:1をそのまま電子レンジに入れ、500wで2分加熱する。

3:さらに解凍モードで20分加熱したらできあがり。 

 

好きなことを見つける方法

メンタル エッセイ

好きなことを見つける方法は何か。

それは、行動を起こすことです。

...なんて言われると、「はぁ。」ってなる人いませんか。実は私が、そうです。自分以外の誰かに言われてしまうと何か、しんどいですよね。

でも、その原因て『行動力』をチャレンジ精神(勇気)という視点から見過ぎだからではないか、と思ったのです。

全く関係無いとは思いませんが実際は、そんな大それた話じゃない気がします。好きなことがない理由は、単純に面倒なだけ、ではないかという事です。

それに対する1つの視点としては、面倒を避けることで、寝るなりダラダラするなりに時間を当てることができる。それで充足ができているのなら、別に良いんじゃね、ということ。ガムシャラに動き回って体壊すくらいなら、一貫して体たらくな生活を送るのも全然悪くないと思います。

もう1つは、案外、面倒を乗り越えれば簡単にハマる、行動力が付く。ということです。

例えば今、私はマンガにハマっています。以下は、今読んでる『ちはやふる』です。

f:id:iwayublog:20170124101544j:image

察しが付くかもしれません。こちらはTSUTAYAのコミックレンタルです。20冊借りたら、1冊60円で借りる事ができます。何より、読み終わったら家で抱えず返却できるのが有り難い。幸い家からも近く、DMMで宅配レンタルするよりも都合良いんです。

振り返ると、マンガにハマった要因は『ささいな面倒を乗り越えること』だった気がします。それは何か。

ズバリ、TSUTAYAの会員になることでした。(笑)

ネットにせよ、店頭にせよ、何かしら手続きが必要になります。それを考えると、マンガ読みたい欲よりも、煩雑な手続きに気持ちが負けてしまうのです。

ですが、今になって余計に感じますが、面倒が障壁となって機会ロスしていたのであれば、あまりに勿体無い理由です。

そのチャンスを逃してしまうと、その次のチャンスをも逃してしまうからです。

というのも、マンガを読もうと思ったきっかけは映画です。そこから「原作でも詳しく読んでみたい。」と思うようになりました。『ちはやふる』も正しく、そうです。

で、その映画にハマったのも面倒を乗り越えたからでしたね。これまた会員になるのが面倒だった。笑

(映画は別に、会員にならなくても見れますが、ネット予約がラクになったり、ポイントが付いたりして、後々にメリットがあります。会員でないと購入時に、毎回煩雑な入力項目があって、とにかく面倒なんです。だから映画を見ない。)

いざ、気力を振り絞り、手続きを済ませて映画館に入ってみると、まあ居心地が良かった。携帯はイジれないし、あたりは完全に真っ暗。あるのはスクリーンだけ。これが自分にとっては非常に集中力を掻立てる空間でした。

今となっては、私の趣味と言えます。熱狂的ではないですが、週1回は映画館に足を運びます。あとはNetflixの月額会員で、色々見まくってます。

面倒を乗り越え映画にハマって、面倒を乗り越え漫画にハマった。

別の話でも自炊にハマった、きっかけも面倒を超えたからです。「どうせ使いきれねえや。」なんて思って調味料買い足すのがダルかった。

が、いざ100均とかで小さいサイズのオレガノ(バジルとか風味系のやつです)とか買ってみると意外にすぐ無くなる。

※以下サバとムール貝のトマト煮です。サバをサッと湯通しして、臭みを取るのがポイントでした。

f:id:iwayublog:20170124104725j:image

そう考えてみるとやはり「好きなことがない。」のは、ただ面倒なだけ、じゃないかという事です。

だから、もし仮に興味を持ったことがあれば、まずは気力を振り絞って「面倒なこと」を済ませてみる。

別な見方をすると、いつまでも重い腰が上がらないのであれば、興味の周りを覆っている「面倒」の実体を探ってみる。

そうすると、興味そのものから不純物が削ぎ落とされ、より興味に対する意欲が湧くのではないかと思いました。