読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわゆブログ

心豊かにすることを、メモしていきます。

『ちはやふる』がものすごくアツいという話(ネタバレなし)

f:id:iwayublog:20170105133427j:plain

画像:映画『ちはやふる』公式サイト

 この映画、めっちゃアツい。上の句、下の句を一気に見てしまったのですが、何故それほどまで夢中になったのか、振り返ります。

 

その前に一応、公式サイトからあらすじのベタ貼りをしておきます。一言で説明するならば、部活動という青春を競技かるたに捧げる、高校生たちの物語です。ベタ貼り長い為、一言で十分という方はササッと飛ばしてください。

綾瀬千早(あやせちはや/広瀬すず)、真島太一(ましまたいち/野村周平)、綿谷新(わたやあらた/真剣佑)の3人は幼なじみ。 新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。

 

そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。 そんな矢先、家の事情で新が故郷の福井へ戻り、はなればなれになってしまう。

 

「新にもう一度会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」 千早の想いが情熱に変わるとき、百人一首の世界のごとく、世界が煌びやかに色づき始める。 高校生になった千早は、新に会いたい一心で“競技かるた部”創部を決意、高校で再会した太一とともに、 部員集めに奔走する。

 

呉服屋の娘で古典大好き少女・大江奏(おおえかなで/上白石萌音)、 小学生時代に千早たちと対戦したことのある、競技かるた経験者で“肉まんくん”こと、西田優征(にしだゆうせい/矢本悠馬)、 太一に次いで学年2位の秀才・“机くん”こと、駒野勉(こまのつとむ/森永悠希)を必死に勧誘、 なんとか5名の部員を集め、創部に成功。

 

初心者もいる弱小チームながら、全国大会を目指して練習に励み、東京都予選に臨む。 千早の新への気持ちを知りながらも、かるた部創部を応援し、部長となった太一。 彼もまた、新に勝たなければ前に進むことが出来ない。

 

「千早に自分の気持ちを伝えたい」―。 千早、太一、新、そして瑞沢高校かるた部の、まぶしいほどに一途な想いと情熱が交錯する、熱い夏が来る

映画『ちはやふる』公式サイト

 

ポイント1:設定がアツい

そもそものストーリーが独特。競技かるたがマイナースポーツどころか、競技として成立していたこと自体映画を見るまで知りませんでした。触れることのない世界に触れるという点で、まさに映画鑑賞の醍醐味と言えます。

 競技というだけあって、札を取る素振りをしたり(まさに野球の素振りと同じ)、長時間の試合に耐える為にランニングしていたり、これは列記としたスポーツ。

ざっくりルールを説明すると、読み手と呼ばれる人が読む上の句に対し、二人の競技者(1:1)がそれに合う下の句の札を、いち早く取り合います。

細かいルールはこちらで確認できます。最低限ルールを知ってから映画を見た方が絶対楽しめます!

競技かるたをしれば | ちはやふる

 

ポイント2:広瀬すずちゃんが圧倒的にかわいい

見りゃわかるポイントなんですが、個人的に『怒り』と『海街diary』を見てからの本作だったので、今回の天真爛漫な役柄がより際立って見えました。(つくづく役者さんてスゴイ..)

ポイント3:個がチームを大切にする。チームが個を大切にする。

一人の側が仲間のため身を粉にするような特攻隊マインドではなく、あくまで個が起点となって、チームが存在する。持続的にチームが存在し得るからこそ、個が活き始める。

 そんな基本的な人間の営みが、個とチーム、両者の視点を絶えず行き来しながら、丁寧に描かれていたと思います。 

 

ポイント4:「情熱」とは何か。その本質を考えさせられる。

これは本作のタイトル『ちはやふる』にリンクする話です。

そもそも 『ちはやふる』とは漢字で千早振る(ちはやぶる)と書き、荒々しい状態を指す枕詞です。

 その意味から連想できるように、似た言葉として、あらぶるがあります。この両者の違いを本作では上白石萌音ちゃん演じるカナデが2つのコマを使って如実に表現しています。(ネタバレという程度にはならないと思います。敏感な方はスルーで)

 

f:id:iwayublog:20170105203243p:plain

 そのどちらも激しく回転しているのですが、片方は中心の軸をブンブンと揺らしながら不安定に回転しています。こちらが「荒ぶる」を指します。

一方は中心軸をブらすことなく安定して、一点に集中しながら回転しているのです。そのさまは不思議と「静か」なんです。こちらが「千早振る」を指します。

荒々しいんだけど、静か。

つまり、人は本当の意味で、何かに情熱を注いでいる時というのは、己の中で沸き立った熱を外部へ向けて放出する(荒ぶる)のではなく、むしろ自らの中で轟々と滞留させているんじゃないかと感じました。

情熱を情熱として、誰かに理解を求める必要がない(無駄な思考がない)からです。自分に自信が無い人ほどインテリぶって、本当に自信がある人ほど、おバカに見せる話と近いかもしれません。

感覚的にも、キャピキャピ、キラキラした文章って読むだけで疲弊してしまいます。なんだか読み手(聴き手)が置き去りにされているようで。

邪心は排し、主観で一点を見つめ、なおかつ俯瞰でも自らを捉える。

「静」と「動」その両極を行き来する。

なんだか難しくなってきましたが、とにかく。調子に乗らないよう意識、です。