読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわゆブログ

心豊かにすることを、メモしていきます。

やはり「ゲイ(LGBT)の方たち肩身狭いだろうなあ」と思ってしまう理由

「え、ゲイなの?ww」

冗談混じりでよく、こう言われます。

というのも私、体つきがアスリート型(体脂肪率1ケタ代)で、性格は比較的ナヨナヨ系なんです。だから、ゴリゴリのくせして女性関係がチラつかないと、それだけで「そっち系」を疑われるみたいです。

結論言うと、ただ奥手なだけであって、女性が好きです。ゲイではありません。が、問題は私がゲイか否かではありません。別にゲイではないことを証明したいという意味も含んでおりません。

問題は、この質問には、いつも「冷笑」が含まれていることです。

聞かれたら、正直なことを正直なまま「ゲイじゃないです。」とだけ返します。が、冷やかしの相手に対して、真面目に会話するのは疲れます。

めちゃくちゃ取り留めもないこと言いますが、相手がゲイでもノンケでも、別に何でもいいです。一つ断りを入れるなら、私はゲイの人に言い寄られたら普通に断ります。でもそれは、二重の人が好き、優しい人が好き、運動できる子が好き、痩せている人は嫌、せっかちな人は嫌、みたいなものと同じレベルです。

こういう形でLGBTの方たちの生きづらさを(微々たるものですが...)理解するのは本意かどうなのかは分かりませんが

いずれにしても「ゲイとかレズの人たちって肩身狭いなあ。」と実体験(疑似体験)をもって感じます。

 

そんなことをマツコデラックスさんのインタビュー記事を見て思い出しました。

kai-you.net

アタシ、たとえゲイであろうと、ヘテロであろうと、既婚者だろうが、独身だろうが、人間って生きづらいのが当然だと思ってる人なのよ。

結婚したから孤独が解消されるかっていったら絶対ないし、血がつながってるから100%理解し合えるかっていったら、絶対そんなことない。

自分自身が他者に100%理解してもらえることなんて、絶対にないって思ってるのね。だから、アタシが自分の体験を語ることって、実はそんなに意味がないと思ってる。 

この

 人間って生きづらいのが当然だと思ってる人なのよ。

 という言葉。マツコさんの「色々見てきた結果」感がひしひし伝わります。説得力に富んでます。

私はこの言葉を見て、心が軽くなりました。