読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわゆブログ

心豊かにすることを、メモしていきます。

『本能寺ホテル』見ました。こんな方が楽しめる作品です。(ネタバレなし)

『本能寺ホテル』

honnoji-hotel.com

出演:綾瀬はるか堤真一濱田岳、ほか

ストーリーはこうです。

京都を訪れていた倉本繭子が宿泊先として選んだ場所、本能寺ホテル。そのエレベーターに乗り込み、扉が開くと、何故か1582年「本能寺の変」が起きる前日にタイムスリップ。その後の運命や、いかに。

詳しくは、予告動画をご覧下さい。

www.youtube.com

 

おもしろかったです。

では、どういった方が楽しめる作品か、振り返ります。

◎仕事、やりたいこと探しで悶々としている人。

タイムスリップする物語の魅力って、過去と現在を対比しつつも、結局はそのどちらでも大切にすべき普遍的なもの、を分かりやすく伝えられることだと思います。

なので、結構『愛』がテーマになりやすい気がするんです。良いとか悪いとかじゃなく、です。

ですが、今回の作品に関しては、「仕事」の本質的な意味、を描いていたように個人では解釈しました。

ネタバレしないよう細かいことは書きませんが、劇中、幾度となく「やりたいこと」というワードが出てきます。

「やりたいこと。」は何だろう。「やりたいこと。」はどうやって見つけるのだろう。そして、「やりたいことがある。」とはどういった意味を持つのだろう。

それを個々人に立ち返って、考えさせられる作品だと思います。実は、そんな遠くを見て捻り出すものではなく、目の前の小さな出来事、きっかけを大切にすることなんだということを。

 あと別な見所としては、変が起こった時に映し出される「炎」はCGではなく、本物の炎らしいです。見終わった後に知ったのですが、それを知っていれば、もっと迫力を楽しめたのではないかと思いました。

ぜひ、ご覧ください。

 PS:初日公開だからか?TOHOさんから、こんな紙を頂きました。

f:id:iwayublog:20170114170330j:image

 

アンケートに答えて抽選で、「本能寺ホテル」特製 あぶらとり紙wwww