読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわゆブログ

心豊かにすることを、メモしていきます。

好きなことを見つける方法

好きなことを見つける方法は何か。

それは、行動を起こすことです。

...なんて言われると、「はぁ。」ってなる人いませんか。実は私が、そうです。自分以外の誰かに言われてしまうと何か、しんどいですよね。

でも、その原因て『行動力』をチャレンジ精神(勇気)という視点から見過ぎだからではないか、と思ったのです。

全く関係無いとは思いませんが実際は、そんな大それた話じゃない気がします。好きなことがない理由は、単純に面倒なだけ、ではないかという事です。

それに対する1つの視点としては、面倒を避けることで、寝るなりダラダラするなりに時間を当てることができる。それで充足ができているのなら、別に良いんじゃね、ということ。ガムシャラに動き回って体壊すくらいなら、一貫して体たらくな生活を送るのも全然悪くないと思います。

もう1つは、案外、面倒を乗り越えれば簡単にハマる、行動力が付く。ということです。

例えば今、私はマンガにハマっています。以下は、今読んでる『ちはやふる』です。

f:id:iwayublog:20170124101544j:image

察しが付くかもしれません。こちらはTSUTAYAのコミックレンタルです。20冊借りたら、1冊60円で借りる事ができます。何より、読み終わったら家で抱えず返却できるのが有り難い。幸い家からも近く、DMMで宅配レンタルするよりも都合良いんです。

振り返ると、マンガにハマった要因は『ささいな面倒を乗り越えること』だった気がします。それは何か。

ズバリ、TSUTAYAの会員になることでした。(笑)

ネットにせよ、店頭にせよ、何かしら手続きが必要になります。それを考えると、マンガ読みたい欲よりも、煩雑な手続きに気持ちが負けてしまうのです。

ですが、今になって余計に感じますが、面倒が障壁となって機会ロスしていたのであれば、あまりに勿体無い理由です。

そのチャンスを逃してしまうと、その次のチャンスをも逃してしまうからです。

というのも、マンガを読もうと思ったきっかけは映画です。そこから「原作でも詳しく読んでみたい。」と思うようになりました。『ちはやふる』も正しく、そうです。

で、その映画にハマったのも面倒を乗り越えたからでしたね。これまた会員になるのが面倒だった。笑

(映画は別に、会員にならなくても見れますが、ネット予約がラクになったり、ポイントが付いたりして、後々にメリットがあります。会員でないと購入時に、毎回煩雑な入力項目があって、とにかく面倒なんです。だから映画を見ない。)

いざ、気力を振り絞り、手続きを済ませて映画館に入ってみると、まあ居心地が良かった。携帯はイジれないし、あたりは完全に真っ暗。あるのはスクリーンだけ。これが自分にとっては非常に集中力を掻立てる空間でした。

今となっては、私の趣味と言えます。熱狂的ではないですが、週1回は映画館に足を運びます。あとはNetflixの月額会員で、色々見まくってます。

面倒を乗り越え映画にハマって、面倒を乗り越え漫画にハマった。

別の話でも自炊にハマった、きっかけも面倒を超えたからです。「どうせ使いきれねえや。」なんて思って調味料買い足すのがダルかった。

が、いざ100均とかで小さいサイズのオレガノ(バジルとか風味系のやつです)とか買ってみると意外にすぐ無くなる。

※以下サバとムール貝のトマト煮です。サバをサッと湯通しして、臭みを取るのがポイントでした。

f:id:iwayublog:20170124104725j:image

そう考えてみるとやはり「好きなことがない。」のは、ただ面倒なだけ、じゃないかという事です。

だから、もし仮に興味を持ったことがあれば、まずは気力を振り絞って「面倒なこと」を済ませてみる。

別な見方をすると、いつまでも重い腰が上がらないのであれば、興味の周りを覆っている「面倒」の実体を探ってみる。

そうすると、興味そのものから不純物が削ぎ落とされ、より興味に対する意欲が湧くのではないかと思いました。