読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわゆブログ

心豊かにすることを、メモしていきます。

『総勢』と『総数』...に限らず類語って何で存在するねん。

まずは、『総勢』の辞書的な意味から。

ある集団属す全部の人。総員

総勢とは - 「総勢」の意味ならWeblio辞書

調べる前と後で、これといった認識の変化はないかと思います。しかしながら、似たような意味を持つ『全部』や『総数』といった言葉とどういった違いがあるのでしょうか。

結論から言うと、総勢は全体が多い状態の時に使います。『勢』という言葉からも、勢いのあるさまを指すことが分かります。例えば「当社は総勢2人のメンバーで事業を行っています!」という表現は、通じるにせよ違和感があるのです。一般的に考えると、2人という状態に勢いを感じることはありません。総勢とは言わずに全員で2人とか、そもそも何も書かず当社は2人のメンバーで〜、にするのがベターかと思います。

ただ、何人から『総勢』という言葉を使うべき、といったルールはありませんので、使い分けは文脈次第ということになります。ですから、多く勢いがあるなと思えば総勢と表現すれば良いということになります。そうすることで例えば、全員で1000人よりも総勢1000人と表現する方が、わんさかしてるイメージが引き立つのです。辞書的な意味は同じでも、使う言葉によって微妙に意味合いが変わってしまう、日本語の面白さ。

と、ここで『意味』と『意味合い』という言葉を使いましたが、もちろんココにも違いがあります。大抵の方は感覚的に使い分けていますが、いざ説明するとなると閉口してしまいます。

言葉で説明するよりも、例を出した方が分かりやすいかもしれません。例えば『バカ』という言葉がありますよね。この言葉は『利口でないこと』を意味しますが、仮にぺこ&りゅうちぇる的なカップルが、ベンチでイチャつきながら「バカ」と言った時は、あなたが愛おしいといった"意味合い"になりますよね。『バカ』ではなく『バカっ♡』であり、本来の意味とは異なるのです。そもそも「合い」という言葉は、前にある言葉の意味をぼかす為に使われます。なので、意味合いというと本来の意味を回りくどく表現する、もしくは異なった意味にするということになります。

要するに意味は、それそのものが持つ単独のイミを指し、意味合いは文脈によって変わるイミを指すということです。

意味・意味合いの正確なイミの理解が今回の趣旨ではありませんのでこの辺にします。何が言いたいかというと、同じ意味をもつ類語というものが何故存在するのか、それは存在する必要があるから存在している。そんなことを感じたのでした。